便秘と口臭の関係


お腹太りの大きな要因の一つが便秘ですが、そもそも便秘の定義とは、疫学的には3日に1回以下の排便のものは統計的には便秘として取り扱うとされています。


しかし現代では一週間以上長引く人も少なくなく、便秘は、腹部の張りや吹き出物、頭痛・腰痛だけでなく、
口臭の原因にもなるといわれています。


では、便秘と口臭にどんな関係があるのでしょうか?


■便秘と口臭の原因


腸内の悪玉菌が、摂取した食物中の炭水化物、脂肪、タンパク質などを腐敗発酵させて悪臭ガスを発生させます。これが口臭へと繋がってしまうのです。


健康なときは便はある一定の時間を経ると排出されるが、便秘で腸内に便が長く留まることによって悪臭ガスが腸壁から吸収され、血液内を巡ってやがては肺にたどり着いて口臭となって出ていきます。


どのような臭いなのか、それはこのガスの構成成分が「オナラ」と同じということで想像に難くないだろう。口臭はガムなどで一時的に緩和することも可能だが、根本から解決するにはやはり便秘の解消が不可欠。


便秘の原因は1つではなく、人それぞれ原因が異なりますので、まずは便秘の原因を突き止め、便秘を解消して、口臭を防ぎましょう!


便秘の原因


2007年3月3日・livedoorニュースより一部引用


まっ、便秘が原因で「口臭・体臭」へ繋がることは常識ですね。


体臭・口臭・オナラの臭いが気になる




380円(税込:送料込)の5日間無料体験キャンペーン中

モリモリスリムは自然植物を原材料としている、朝からドッカーン!が期待できる自然美容健康茶です。

モリモリスリム