大腸ポリープ


大腸ポリープとは大腸腸壁(粘膜)にできたイボ状の腫瘍の総称で、さまざまな形、大きさがあり、そのまま放置していても問題ない良性(腫瘍性)のものから、そのまま放置しておくと悪性、いわゆる“大腸ガン”になるものまでいくつかの種類があります(大腸ポリープのうち80%以上は腫瘍性のものといわれています)。


大腸ポリープは大腸の中でもS状結腸と直腸にできやすく、女性より男性、年齢では40代から増えはじめ、60代以上になると2人に1人がポリープを持っているともいわれます。


また便秘が慢性化すると大腸内に腐敗した便(大便・糞)が長期間とどまり、悪玉菌が増殖し、腸内環境が崩れ、大腸ポリープができやすくなるともいわれていますので、便秘を軽視せず、早めに改善・解消するように心がけましょう。


 大腸ポリープの原因



加齢

遺伝

欧米化した食生活(食物繊維不足)

便秘


大腸ポリープは自覚症状がないことが多いので、大腸内視鏡検査を定期的に受けるなどして早期発見することが大切になってきます。






380円(税込:送料込)の5日間無料体験キャンペーン中

モリモリスリムは自然植物を原材料としている、朝からドッカーン!が期待できる自然美容健康茶です。

モリモリスリム