硬水(ミネラルウォーター)


ミネラルウォーター(硬水)、炭酸水も便秘解消には効果的です
便秘の種類にもよりますが、便秘には水分補給がとても大切です(便秘の原因:水分不足)。


内での水分が不足すると便(大便・糞)から水分を吸い上げられて、硬い便となり、排便しづらくなってしまいます。


ですので便秘を改善・解消するためには、日頃から小まめな水分補強は欠かせません。


またどうせ水分を補給するならより効果的な水分を摂りたいものです。そこで便秘解消に効果的といわれているのがミネラルウォーター、特に硬水です。


 硬水とは



硬水と軟水の線引きははっきりしませんし、国によっても基準が違うようです。日本では一般的に硬度100以下が軟水、300以上が硬水、100〜300は中硬水といわれています。


硬度とは水に溶けているミネラルのうち、ナトリウム・カルシウム・マグネシウムなどの量を数値化したもので、つまり硬水とはナトリウム・カルシウム・マグネシウムの含有量が多い水(ミネラルウォーター)のことです。


 硬水は便秘解消に効果的



硬水に限らず冷たい水はを刺激し、蠕動運動(ぜんどううんどう)を活発にしてくれますので必然的に便秘解消には効果的です。ミネラルウォーター(硬水)は便秘解消に効果的


特にナトリウム・カルシウム・マグネシウムなどのミネラルが豊富な硬水が便秘の解消・改善に効果的といわれているのはマグネシウム(酸化マグネシウム)が含まれているからと考えられています。マグネシウムは便秘薬(下剤)にもよく使用されている成分です。


よく海外に行って、その地の水を飲むとお腹をこわす方がいますが、これは水が汚い、衛生的な問題があるわけではなく(衛生的な問題がある場合もありますが・・・)、日本よりも硬度が高い水を飲んだために腸の蠕動運動が活発になりすぎたためなのです。


日本の水(ミネラルウォーター)は一般的に軟水で、海外、特にヨーロッパは硬水ですのでヨーロッパ旅行に行くときは下痢に気をつけましょう(腸の蠕動運動が活発になりすぎると下痢になります)。


硬水はミネラルが豊富ですので便秘を改善する以外にも、スポーツ後のミネラル補給や妊産婦のカルシウム補給、またダイエットに効果的で、中硬水は料理に向いているといわれています。


 硬水の摂取法


便秘を解消するにはミネラルウォーター(硬水)を飲みましょう!
便秘を解消するには軟水より硬水の方が効果的なのは分かりましたが、日本人は軟水に慣れていますので、味にクセがある硬水(特に人気のコントレックスは硬度1400/Lを超えます)に変えるのは難しいですし、お腹をこわしてしまうこともありますので、まずはエビアンなどの中硬水を試してみるのが良いかもしれません。


また一口に硬水といっても、いまではさまざまな種類のミネラルウォーターがあり、体質に合わない場合もありますので、その時は無理せず、徐々に慣らしていくか、その他の硬水を試してみるようにしましょう。


ちなみに硬水は石鹸水を加えても泡立たず、硬水で顔を洗うと"パリパリ"に乾燥しますので洗顔には適しません。また同様に洗濯水にも適しません。






380円(税込:送料込)の5日間無料体験キャンペーン中

モリモリスリムは自然植物を原材料としている、朝からドッカーン!が期待できる自然美容健康茶です。

モリモリスリム