マグネシウム(酸化マグネシウム)


マグネシウムは種実類(アーモンド)や魚介類・海藻類・豆類など、多くの食品に含まれている健康維持には欠かせないミネラル成分です。


そして便秘薬(下剤)などに利用されているのは酸化マグネシウム・水酸化マグネシウム・クエン酸マグネシウムなどで、最も一般的な酸化マグネシウムはマグネシウムを空気中で燃焼させると生じる白色の粉末です。


 マグネシウムは便秘解消に効果的


マグネシウムが豊富に含まれている魚介類
マグネシウムは市販されている便秘薬(下剤)や、医師の処方などにより、効果が高く副作用が少ないので便秘の女性の方の強い味方としてよく利用されています。


マグネシウム(酸化マグネシウム・水酸化マグネシウム・クエン酸マグネシウム)は水に溶けにくく、腸管から吸収されづらい成分ですので、内に長時間とどまり、大腸の中の水分調整を助け、便(大便・糞)を軟らかくして排便を促してくれるのです。


また便秘薬として利用されているマグネシウム(酸化マグネシウム・水酸化マグネシウム・クエン酸マグネシウム)は腸を刺激しないので腹痛を訴えるといったことも起こりません。


便秘解消のためにマグネシウム(酸化マグネシウム・水酸化マグネシウム・クエン酸マグネシウム)を服用するときは服用法、または医師の指示に従い、基本的には多めの水と摂ることが大切です。


また酸化マグネシウムは薬の中でも薬価が安いので、医師に処方してもらうのが良いでしょう。


 マグネシウムの効能・効果



体内の酵素を活性化する

骨などの発育や形成

神経の興奮を抑制

血圧の維持


 マグネシウムが含まれている食べ物(食品)

マグネシウムの豊富な硬水(ミネラルウォーター)

種実類(アーモンドなど)

魚介類

海藻類

野菜類

豆類

硬水(ミネラルウォーター)


 マグネシウムの摂取量



マグネシウムの1日の推奨摂取量は、男性で280〜320mg、女性で240〜260mgといわれています。


またマグネシウムは、カルシウムと1:2、または1:3の割合で摂るとより効果的だとされています。


しかしマグネシウムは便秘薬としても使用されており、食品であっても多量に摂取すると下痢になる可能性もありますので注意しましょう。






380円(税込:送料込)の5日間無料体験キャンペーン中

モリモリスリムは自然植物を原材料としている、朝からドッカーン!が期待できる自然美容健康茶です。

モリモリスリム