自律神経


心臓は自律神経により動いています
自律神経とは心臓や・血管など身体の機能を調整するため、自分の意志とは関係なく、また自分ではコントロールできない、生命活動に必要な働きを調節してくれる自動的に働く神経のことです。


夜眠っているときに、心臓が止まったり呼吸が止まらないのも自律神経が働いているためですし、暑いときに汗をかいて体温を調整しているのも自律神経のおかげなのです。


また自律神経には交感神経と副交感神経の2種類があり、自律神経はこの2つの神経が必要に応じて自動的に切り替わり、バランスよく働くことで人間は日々の生活を送り、生きていけるのです。


しかしこの自律神経のバランスが崩れ、一方に偏った状態が続くと、自律神経失調症になり、さまざまな症状として現れるのです。


 交感神経の働き



血管を収縮させる

呼吸数を増加させる

心拍数を上げる

血圧を上昇させる


交感神経は主に日中などの緊張・興奮状態のときに働きます。


 交感神経が優位になって起こる症状



交感神経が優位になると息切れや呼吸困難になる息切れ・呼吸困難・汗・イライラ

動悸・胸苦しさ・冷え性・のぼせ

頭痛・めまい・立ちくらみ・耳鳴り・不眠

肩こり・筋肉痛・腰痛・頭痛・手足の震え


 副交感神経の働き



血管を拡張させる

心拍数を下げる

呼吸数を減らす

血圧を下げる

消化を促進する


副交感神経は睡眠時や食事中など、心身共にリラックスしているときに働きます。


 副交感神経が優位になって起こる症状


副交感神経が優位になると無気力になったり集中力が低下する
むかつき

吐き気

胃もたれ

食欲不振

便秘

下痢

無気力

集中力低下


これ以外にも自律神経が関係している症状は多数あり、逆に自律神経が関係しない症状を探すほうが難しいかもしれません。






380円(税込:送料込)の5日間無料体験キャンペーン中

モリモリスリムは自然植物を原材料としている、朝からドッカーン!が期待できる自然美容健康茶です。

モリモリスリム