睡眠不足


便秘の原因としてはあまり知られていないかもしれませんが、“睡眠不足”も便秘に大きく関わっているのです。


睡眠不足も便秘の大きな原因
便(大便・糞)は副交感神経優位(リラックスした状態)に主に作られています。


副交感神経優位になるのはリラックスした状態ですので、最も副交感神経優位になる時間帯は人間が寝ているときです。


ですので睡眠不足の人は便が十分に作られず、便秘になりやすいのです(便秘に限らず、などの内臓の働きには副交感神経が大きく関わっています)。


また寝ているときにも当然、蠕動運動(ぜんどううんどう)が行われているのですが、不規則な生活、特に睡眠不足などで自律神経が乱れると、蠕動運動が鈍くなり、大脳に刺激が伝わらず、便意が起こらなくなり、便秘になってしまうのです。


さらに睡眠不足が続くと食欲不振、消化不良、食事の時間が不規則になる、などが原因で便秘になりやすくなるのです。


このように睡眠不足は肌荒れや目の下のクマなど、美容に直接関わっているだけではなく、便秘を介して間接的にも美容に大きな影響を与えているのです。






380円(税込:送料込)の5日間無料体験キャンペーン中

モリモリスリムは自然植物を原材料としている、朝からドッカーン!が期待できる自然美容健康茶です。

モリモリスリム