蠕動運動(ぜんどううんどう)


蠕動運動(ぜんどううんどう)とは、の輪状筋がミミズなどの虫のように動くことで、腸に入ってきた食べ物が肛門から排便するまで、内容物を移動させる役割をしています。


蠕動運動は自律神経の働きにより行われていますので、私たちが意識的に蠕動運動を活発にさせることはできません。


また蠕動運動の機能が低下すると腸内(大腸)での便(大便・糞)の流れが悪くなり、便秘になりやすくなってしまいます(食事を摂る、水分を摂る、運動をするなどで蠕動運動は活発になります)。


またお腹が「グルグル」と鳴るのもこの蠕動運動の現象で、若い頃は蠕動運動が活発ですのでよくお腹が鳴っていましたが、歳を重ねていくと、この蠕動運動が低下し、消化にも時間がかかるようになりますので、お腹があまり鳴らなくなります。






380円(税込:送料込)の5日間無料体験キャンペーン中

モリモリスリムは自然植物を原材料としている、朝からドッカーン!が期待できる自然美容健康茶です。

モリモリスリム