直腸性便秘(ちょくちょうせいべんぴ)


直腸性便秘(ちょくちょうせいべんぴ)とは便意を感じたときに我慢するなどし、それが習慣化し、直腸の神経が鈍くなり、S字結腸から直腸にかけて便(大便・糞)が長時間滞留したために、便の水分が吸収され便が硬くなり、排便しづらくなる便秘のことで、習慣性便秘とも呼ばれています。


 直腸性便秘の原因


浣腸の乱用は直腸性便秘の大きな原因
便意を我慢するなどの生活習慣

の病気

直腸が鈍感

運動不足(腹筋の低下)

朝食を抜くなどの不規則な食生活

下剤浣腸(かんちょう)等の乱用




 直腸性便秘の症状



非常に硬い便が出る

痔になることもある

体臭が気になるようになる

大腸ガンの原因になることもある


 直腸性便秘の予防&解消法


直腸性便秘を予防、解消するには朝食を摂ることも大切
トイレ環境を改善する

朝食を摂るなど食生活の改善

運動をし、蠕動運動(ぜんどううんどう)を活発にする

積極的に食物繊維を摂る

水分を積極的に摂る(朝一杯の冷たい水)


直腸性便秘は生活環境(トイレ環境)が変わったり、忙しかったり、排便することが恥ずかしいと思い、便意を感じてもトイレに行けない人がなりやすいようです(若い女性に多い)。


直腸性便秘を予防&改善するには、便意を感じたときには我慢せず、排便習慣を身につけることが何よりも大切になります。


またすでに直腸性便秘の人が、浣腸や下剤などで排便を促そうとすると、直腸に強い刺激を与えてしまい、さらに直腸が鈍感になり、便秘をより一層助長することもありますので注意が必要です。






380円(税込:送料込)の5日間無料体験キャンペーン中

モリモリスリムは自然植物を原材料としている、朝からドッカーン!が期待できる自然美容健康茶です。

モリモリスリム