痙攣性便秘(けいれんせいべんぴ)


痙攣性便秘(けいれんせいべんぴ)とは、精神的ストレスなどが原因で自律神経が乱れ、大腸の筋肉が緊張し、痙攣を起こし、便(大便・糞)排便しづらくなる便秘のことです(弛緩性便秘(しかんせいべんぴ))。


 痙攣性便秘の原因


精神的ストレスが痙攣性便秘の大きな原因
精神的ストレス

辛いものなど、刺激性の食べ物の食べすぎ

不規則な生活(睡眠不足

自律神経の乱れ

下剤の乱用

過敏性大腸炎

食物繊維の過剰摂取


 痙攣性便秘の症状



下剤の乱用も痙攣性便秘の大きな原因コロコロ便が出る

便の量が少ない

硬い便が出る

残便感がある

便秘と下痢が交互に発症することがある

食欲低下

食事の直後などに強い腹痛を伴うことがある

便意はあるが排便できない


 痙攣性便秘の解消法



不規則な生活(睡眠不足)を見直す

ストレスを溜めない(リラックスするように心がける)

腸内環境を整える


痙攣性便秘の場合、すでに精神的・心理的ストレスなどでが刺激されていますので、便秘に良いからと食物繊維を摂取することは逆効果になり、より一層便秘を助長してしまうこともありますので注意が必要です。






380円(税込:送料込)の5日間無料体験キャンペーン中

モリモリスリムは自然植物を原材料としている、朝からドッカーン!が期待できる自然美容健康茶です。

モリモリスリム