弛緩性便秘(しかんせいべんぴ)


弛緩性便秘(しかんせいべんぴ)とは機能性便秘の一つで、大腸の筋肉がゆるみ、蠕動運動(ぜんどううんどう)が活発に行われないために、便(大便・糞)がスムーズに流れず、長時間腸内に便が滞留したために便の水分が腸壁から吸収され、便が硬くなり、排便しづらくなり、そして便秘となってしまうのです。


慢性便秘の中で最も多いのがこの弛緩性便秘ともいわれ、高齢者や中年以降のお産を多く経験した女性、また近年では腹筋が弱く体力のない若い女性にも見られ、直腸性便秘(ちょくちょうせいべんぴ)と合併することも少なくありません。


 弛緩性便秘の原因



弛緩性便秘は女性、出産を経験した女性に多い筋力(腹筋)の低下

運動不足による大腸の蠕動運動の低下

虚弱体質

病中病後で体力が低下している

加齢

食物繊維不足

内臓下垂

胃下垂

大腸下垂

下剤の乱用


 弛緩性便秘の症状



弛緩性便秘は残便感や便意を感じにくいコロコロ便が出る

硬い便が出る

残便感がある

便意を感じにくい

お腹が張る(腹部膨満感)

頭痛

肩こり

冷え

倦怠感(体がだるい)

食欲低下


 弛緩性便秘の解消法



弛緩性便秘を解消するには、何よりも運動不足などによって腹筋が弱くなっているので、腹筋を鍛えると同時に、食物繊維を積極的に摂ることが大切になってきます。


また弛緩性便秘の人は体力不足の人が多く、そのような人が下剤を使って無理に排便すると、より一層体力を消耗し、便秘以上に大きな病気の引き金になることもありますので注意が必要です。


弛緩とは「ゆるむ」という意味です。






380円(税込:送料込)の5日間無料体験キャンペーン中

モリモリスリムは自然植物を原材料としている、朝からドッカーン!が期待できる自然美容健康茶です。

モリモリスリム