下剤(便秘薬)や浣腸は使わないほうがいいの?


下剤(便秘薬)といっても、


を刺激し蠕動運動(ぜんどううんどう)を活発にさせる刺激性下剤

便(大便・糞)の量を増やし排便を促す膨張性下剤

便を軟らかくし排便しやすくする塩類下剤浸潤性下剤


などその種類はさまざまあり、症状によっては便秘を改善・解消させるのにとても効果的な場合があります。下剤は服用法を守り、乱用はやめましょう


しかし便秘は基本的には生活習慣の改善食生活の改善適度な運動で改善解消されることが多く、テレビのCMでもありましたが「下剤(便秘薬)を使うのは最後の手段です」。


便秘になったら下剤(便秘薬)を使えばいいというのは安易な考えで、服用法を間違ったり、習慣化されれば体力が落ちたり、下剤(便秘薬)がなければ排便できなくなることもあるのです。


特に痙攣性便秘(けいれんせいべんぴ)の場合は自己判断で使用するのではなく、専門の医師や薬剤師に相談のうえ、自分に合った下剤(便秘薬)を処方してもらうことが大切です。


また便秘を改善・解消させるために使用されている浣腸(かんちょう)も下剤(便秘薬)と同様に、「最後の手段」として使用し、必ず服用法を守り、習慣化しないようにすることが大切です。






380円(税込:送料込)の5日間無料体験キャンペーン中

モリモリスリムは自然植物を原材料としている、朝からドッカーン!が期待できる自然美容健康茶です。

モリモリスリム