善玉菌(乳酸菌)


善玉菌とは、内を弱酸性に保ち、悪玉菌の活動を抑え有害菌から身体を守り、食べ物の消化・吸収の促進、各種ビタミン(ビタミンB群)の合成、そして免疫力を高め、健康維持、便秘解消には欠かせない腸内細菌のことです。


 善玉菌の働き



悪玉菌の増加を抑える

身体を病原菌から守る

有害物質(毒素)を解毒する(食中毒の予防)

発ガン物質を分解し無害化する

免疫力を高める

消化・吸収を促進

蠕動運動(ぜんどううんどう)を活発にし便秘を防ぐ

ビタミン(ビタミンB群)の合成


 善玉菌の種類



善玉菌の種類は多く、その代表は乳酸菌で、乳酸菌にはビフィズス菌・アシドフィルス菌・ラブレ菌・乳酸桿菌などがあり、ビフィズス菌・アシドフィルス菌・ラブレ菌が有用な善玉菌といわれています。


 善玉菌を増やすには



善玉菌と悪玉菌のバランス、腸内環境は食生活や加齢、ストレスなど、さまざまな要因によって変化し、善玉菌が増えれば悪玉菌は減少し、逆に善玉菌が減少すれば悪玉菌が増加するようになっています。


健康維持、また便秘を改善・解消するためには善玉菌を増やし、腸内環境を整える必要があり、善玉菌を増やすには食事が一番手っ取り早い方法です。


善玉菌の代表は乳酸菌ですので、食物繊維オリゴ糖など乳酸菌の栄養素になる食べ物(食品)を積極的に摂れば善玉菌は増加します。


また食物繊維やオリゴ糖など間接的に善玉菌を増やすのではなく、直接善玉菌を増やす方法としては直接乳酸菌を摂ればいいわけです。


乳酸菌を含有している食べ物(食品)といえばヨーグルトですが、一般的なヨーグルトに含まれている乳酸菌のほとんどが腸に届く前に死んでしまいますので、大量に摂らなければ効果はあまりないともいわれています。


ただ、いまでは“生きたまま腸まで届く”といわれている「プロバイオティクスヨーグルト」などもありますので、購入するときの参考にしてみてください。


その他に乳酸菌が入った食べ物(食品)として有名なのはヤクルトやカルピス、ビオフェルミン、ラブレ(植物性乳酸菌)などです。


いまでは乳酸菌飲料などが数多く販売されていますが、大切なのは生きたまま腸に届くかどうかです(最近はこれをうりにした商品も多くなってきました)。いくら乳酸菌の含有量が多くても腸に達するまでに死んでしまっては意味がありませんからね。






380円(税込:送料込)の5日間無料体験キャンペーン中

モリモリスリムは自然植物を原材料としている、朝からドッカーン!が期待できる自然美容健康茶です。

モリモリスリム