腸内環境


人間の(主に大腸)には約100種類以上(500種類ともいわれています)の細菌が、約100兆個も住みついているといわれ、これらの細菌をまとめて“腸内細菌”と呼んでいます。


腸内環境とは腸内細菌、特に善玉菌と悪玉菌の2つのバランスのことをいい、一般的に善玉菌(乳酸菌)が優勢なら良い腸内環境、悪玉菌が優勢なら悪い腸内環境といわれています。


こう見ると悪玉菌は悪者なんだなと思うかもしれませんが、悪玉菌が完全に腸内からいなくなってもよくはありません。要は2つのバランスが大切で、名前はよくありませんが悪玉菌も必要なのです。


 腸内細菌の量

便秘を解消させるには腸内環境を整えることが大切

人間の腸には約100兆個、重さにすると約1kgもの腸内細菌が生息し、便(大便・糞)のうち、約半分が腸内細菌とその死骸であるといわれています。


腸内細菌は大きく分けると、食べ物や体調によってどちらにも傾く日和見菌、病原菌をやっつけたり、人体に有益な物質を生成したり、健康に役立つ働きをしてくれる善玉菌、人体に有害な物質を生成したり病気の元となる悪玉菌の3つに分けられ、腸内で最も多いのが日和見菌で、次に善玉菌、最も少ないのが悪玉菌といわれています。


また2つの腸内細菌、善玉菌と悪玉菌は、一方が増えれば一方が減るといった関係で、常に一定の個数を保っています。


 腸内細菌と便秘



腸内環境を良くするとは善玉菌が優勢になることで、善玉菌が増えれば腸の蠕動運動(ぜんどううんどう)を活発にしてくれますので便秘の改善・解消に繋がり、便秘が解消されれば肌荒れの改善にも繋がるのです。


健康は腸の状態で左右されるとまでいわれるほど、私たちの身体にとっては大切な器官ですので、便秘に限らず健康のためにも腸内環境を整えることがとても重要なのです。






380円(税込:送料込)の5日間無料体験キャンペーン中

モリモリスリムは自然植物を原材料としている、朝からドッカーン!が期待できる自然美容健康茶です。

モリモリスリム