便秘で死亡?


便秘は直接命に関わる病気ではないので、自己判断で下剤などの便秘薬を使用したりして、医師の診察を受けるまでもないと思っている方がほとんどだと思います。


しかし世の中には便秘が直接の原因で死亡した女性もいるのです。


 便秘が原因で死亡した女性

便秘が原因で死亡する事も?

1998年に21歳の女性が自宅のトイレ前で死亡しているのを家族が発見しました。


死亡した女性は約1年ほど前から便秘に悩まされており、日頃から腹痛を訴えていたにもかかわらず医師の診察は受けておらず、自己判断で市販の下剤を服用し、死亡する2日前までは普通に会社に出勤し、生活していたようです。


死亡解剖の結果、女性は妊娠満期と思われるほどお腹は脹れ上がっており、死因は腸内に“6.7kg”もの大量の便(大便・糞)が溜まったことによる“腸閉塞(イレウス)”でした。


また直腸付近には水分を殆ど含まないコンクリート状のとても硬い便が数十センチ溜まっていたそうです。


この女性は便秘が原因で死亡したとても珍しいケースですが、内科や胃腸科などで診察を受けていれば、間違いなく死亡するといった最悪の事態は避けられたはずです。


この女性に限らず、多くの便秘の人は、便秘を軽く見ている傾向にありますが、このようなことも起こる可能性があることを肝に銘じ、1日も早く便秘の原因をつきとめ、改善策をとり、それでも解消されない場合は、恥ずかしがらずに専門医で診察を受けることが重要です。






380円(税込:送料込)の5日間無料体験キャンペーン中

モリモリスリムは自然植物を原材料としている、朝からドッカーン!が期待できる自然美容健康茶です。

モリモリスリム