下剤(便秘薬)の知識

便秘になれば下剤を使えばいいと思っている人が多いようですが、下剤にもさまざまな種類があり、間違った使用法をすると習慣化したり、体力が落ちたりと、さまざまな症状がでることもあるのです。特に若い女性の中ではダイエット目的で下剤を使用している人がいますが、これはとても危険なことですので絶対にやめましょう。また便秘のときに使用する下剤は特に便秘薬ともいわれています。

下剤(便秘薬)の知識一覧

下剤
下剤とは、腸の運動を活性化させ、便などの排泄を促進させる薬、または便をやわらかくする薬のことをいい、“便秘薬”ともいわれています。下剤は強さにより緩下剤・峻下剤に分類され、便秘の症状によって使い分ける必要があります。
緩下剤(かんげざい)
緩下剤(かんげざい)とは作用が弱め、緩やかな下剤のことで、塩類下剤、膨張性下剤、刺激性下剤に大きく分けられます。
峻下剤(しゅんげざい)
峻下剤とは下剤のうち最も作用が強い下剤で、比較的短時間で効果が現れますが、下痢や腹痛が起こりやすく、常用すると習慣性も起きやすい下剤ですので注意が必要です。
刺激性下剤
刺激性下剤とは、腸管粘膜の局所を刺激し、蠕動運動を活発にすることで排便を促す下剤のことで、作用部位によって大腸刺激性下剤と小腸刺激性下剤に分けられますが、便秘薬として用いられているのは大腸刺激性下剤が主です。
塩類下剤
塩類下剤は硫酸マグネシウム、酸化マグネシウム、クエン酸マグネシウムなどの塩類の高い浸透圧を使用し、腸の表面から水分を引き寄せ、腸管内の水分量を増加させて便を軟らかくし、排便を促す下剤のことです。
膨張性下剤
膨張性下剤は多量の水と共に服用することにより、便が腸内で水分を吸収して膨張し、便の量を増やすことによって反射的に大腸の蠕動運動を活発にさせ、排便を促す下剤です。
浸潤性下剤
浸潤性下剤は水分を吸着させる界面活性作用によって、腸内の便が水分を吸収されるのを防ぎ、便を柔らかくする下剤です。作用は穏やかで副作用の心配もほとんどありませんが、効果が弱いので刺激性下剤と併用することが多いようです。