消化器の構造

便秘を改善・解消していくには排便の仕組みを知ることも大切です。食べ物や水分、栄養素はどこで吸収され、どこで便としての形を形成し、排出されるのか。排便の仕組みを知れば、おのずと便秘を解消するためには何をすればいいのかが分かってきます。

消化器の構造一覧

排便の仕組み
排便とは字の通り便(大便・糞)を排出するという意味で、口から入った食べ物は食道⇒胃⇒小腸⇒大腸を通り、最終的に肛門から便として排泄されるまでに約24?72時間かかります。
食道
食道はのどと胃を結ぶ全長約25cmの管状の消化器で、2層の弾力に富んだ筋肉からできており、その内側は粘膜で覆われています。
胃は食道と小腸(十二指腸)を結び、入口(噴門)と出口(幽門)が狭く、途中が膨らんで伸縮性のある袋状の構造になっている、上腹部のほぼ中央に位置している消化器です。
腸は胃と肛門を結ぶクネクネと曲がった消化器で、大きく分けると小腸と大腸の2つに分けられ、日本人は欧米人に比べこの腸は長く、全長約7〜9mととても長い消化器官です。
腸壁
腸壁とは字の通り腸の壁のことで、粘膜・粘膜下組織・筋層および漿膜からなり、栄養素や水分を消化・吸収するなど、とても大切な役割を担っています。
小腸
小腸は胃と大腸を結ぶ腹腔の中の大部分を占める消化器で、消化吸収されやすいようなクネクネした特殊な構造をしており、食物の消化吸収はほとんどこの小腸で行われます。
大腸
大腸は小腸と肛門を結ぶ全長1.0〜1.5mの消化器(消化管)、腸の一部で、肛門から骨盤内までの部位を直腸、それ以外の部位を結腸と呼びます。
肛門
肛門とは消化器の末端部、直腸の終わる所で、排便する穴、いわゆるお尻の穴のことで、気体や液体、固体を識別し、排泄し、むやみに便がでないようにするというとても重要な機能を備えています。