便秘の原因

産まれついて便秘という人はいません。便秘には必ず何らかの原因があり、その原因も人それぞれです。便秘を改善・解消していくには、まずは何が原因で便秘になったのかを突きとめ、原因にあった対処法をすることがとても重要なのです。

便秘の原因一覧

水分不足
便秘の大きな原因の一つ“水分不足”。食べ物は腸壁から水分を吸収されて固形物になり、そして排便されます。しかし水分が不足すると大腸で水分が吸収されより一層硬い便(大便・糞)となり、排便しずらくなり、腸内に便が残りやすくなります。
食事不足
便秘の原因の一つ“食事不足”。そもそも食べる量が少なければ出る物も出ません。また食べ物が大腸へ送られてこなければ大腸への刺激が減り、蠕動運動も弱くなり、より一層、便秘を助長してしまいます。
食物繊維不足
便秘の大きな原因の一つ"食物繊維不足"。食物繊維が不足すると、腸内で善玉菌の減少や消化吸収機能の低下など、腸内環境が悪化し、排便を阻害してしまいます。
運動不足
便秘の大きな原因の一つ“運動不足”。体が運動不足になると腹筋が弱まり、腸(大腸)の蠕動運動も弱まりますので、便秘になりやすくなるのです。また運動不足が原因の便秘は弛緩性便秘といわれています。
ストレス
便秘の原因の一つといわれている精神的ストレス。ストレスが溜まると自律神経のバランスが崩れてしまい、胃や腸などの消化器系の働きが弱まってしまい、 蠕動運動が弱まり、便秘になりやすいといわれているのです。
睡眠不足
便秘の原因としてはあまり知られていないかもしれませんが、睡眠不足も便秘に大きく関わっているのです。
病気・ケガ
便秘が原因で病気やさまざまな症状を引き起こすことがありますが、逆に病気やケガが原因で便秘になってしまうこともあります。この病気が原因で起こる便秘を症候群性便秘といいます。
がまん癖
がまん癖とは便意を感じたときに忙しかったり、恥ずかしかったり、近くにトイレがないなどの理由で便意をがまんする癖のことです。このがまん癖は知らないうちに習慣化し、便秘の大きな原因となってしまいます。
薬の副作用
便秘は生活習慣や食生活・運動不足・ストレス・病気以外にも、薬の副作用が原因で起こるともあります。生活習慣や食生活を見直しても便秘が改善されない場合は、薬の副作用を疑ってみる必要があるかもしれません。