便秘の種類

世の中では一口に“便秘”といわれていますが、その種類はさまざまで、便秘の種類によって対処法も違ってきます。便秘の種類によっては正しいと思っていた解消方法が、より便秘を助長することもありますので、まずは自分がどのタイプの便秘なのかを知ることが便秘を改善・解消させるための第一歩なのです。

便秘の種類一覧

便秘の種類
便秘には便(大便・糞)が作られる過程や、腸(大腸)の機能低下・異常がある場合に起こる機能性便秘と、腸(大腸)の病気や疾患が原因で起こる器質性便秘の2つに大きく分けられます。
機能性便秘
機能性便秘とは腸(大腸)そのものには異常がないが、腸(大腸)の機能低下や異常がある場合に起こる便秘のことで、機能性便秘はさらに慢性便秘と急性便秘に分けられ、慢性便秘はさらに弛緩性便秘、痙攣性便秘、直腸性便秘の3つに分けられます。
器質性便秘
器質性便秘とは大腸に病気(疾患)があり、大腸の正常な働きができなくなったり、腸管が狭くなったり、または元々大腸の形質異常などによって、便(大便・糞)が通りづらい、排便がスムーズにできない便秘のことです。
急性便秘
急性便秘とは機能性便秘の1つで、新生活や旅行などで生活環境が変わったり、偏った食事を摂ったことにより腸(大腸)の蠕動運動が鈍り、一時的に起こる便秘のことです。
慢性便秘
慢性便秘とは機能性便秘の一つで、一般的に週2日以上排便がない状態が少なくとも1ヶ月以上持続する便秘のことをいい、私たちが日頃便秘といっているのは多くの場合、この慢性便秘のことです。
弛緩性便秘(しかんせいべんぴ)
弛緩性便秘とは機能性便秘の一つで、大腸の筋肉がゆるみ、蠕動運動が活発に行われないために、便がスムーズに流れず、長時間腸内に便が滞留したために便の水分が腸壁から吸収され、便が硬くなり、排便しずらくなり、そして便秘となってしまうのです。
痙攣性便秘(けいれんせいべんぴ)
痙攣性便秘とは、精神的ストレスなどが原因で自律神経が乱れ、大腸の筋肉が緊張し、痙攣を起こし、便(大便・糞)が排便しづらくなる便秘のことです。
直腸性便秘(ちょくちょうせいべんぴ)
直腸性便秘とは便意を感じたときに我慢するなどし、それが習慣化し、直腸の神経が鈍くなり、S字結腸から直腸にかけて便が長時間滞留したために、便の水分が吸収され便が硬くなり、排便しづらくなる便秘のことで、習慣性便秘とも呼ばれています。